「各種グループ 」を表示中

    • ご紹介いろいろ / 各種グループ
    • 2021年04月08日(木)
    びびなび ヒューストン

    ヒューストンの日本人医師の先生方に聞く 新型コロナウイルス感染症(COVID-19) 「先生、ワクチンについて教えて下さい!」 オンライン勉強会 第3弾 録画動画、講演資料、その他お役立ち情報のご案内

    コロナ禍が米国をのみこんでから1年が過ぎました。いまだ感染の拡大は続いていますが、2020年12月に始まったワクチンの投与が増え、少しずつ希望の光が見えてきました。2021年3月28日(日)、ヒューストンの日本人医師の先生方に、皆さんのワクチンに関する疑問、不安に答えて頂くオンライン勉強会を開催しました。

    ※この勉強会は有志の日本人医師の先生方がボランティアで講師を務め、「医療都市ヒューストン」で活動する日系コミュニティが広報等で協力し開催しました。

    (主催)
    COVID-19 オンライン勉強会 企画者有志一同

    (共催)
    ヒューストン日本商工会
    在ヒューストン日本国総領事館
    グレーターヒューストン日本人会
    JETRO ヒューストン
    ヒューストン日米協会
    テキサスメディカルセンター研究者Kubo'sの会
    サイエンスを遊ぼうの会ヒューストン
    ヒューストンママの会

    (講師) 

    UTHealth 感染症内科 Assistant Professor 兒子真之先生
    ベイラー医科大学/Baylor St. Luke's Medical Center 感染症内科 Assistant Professor 福田由梨子先生
    ベイラー医科大学/テキサス小児病院 小児感染症科臨床フェロー 池田早希先生

    ​(講師/ホスト)
    テキサス大学マックガバン医学校 幹細胞研究センター 準教授 吉本桃子先生

    (司会)
    MD Anderson がんセンター 西田有毅先生(専門:分子血液治療学)

    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年03月18日(木)
    びびなび サンディエゴ

    COVID-19について by日本クリニックのキム先生 SDJBA主催 無料のズーム勉強会開催

    NPO法人サンディエゴ日系ビジネス協会SDJBA (San Diego Japanese Business Association) では、来る4月15日(木)の午後6時30分より、無料の勉強会をズームで開催致します。どなたでもご参加いただけます。当日は、日本クリニックサンディエゴ院長のキム(金一東)先生が、COVID-19の最近の状況や、ワクチンについてお話して下さいます。参加ご希望の方は、件名に 「4月15日セミナー参加希望」とし、氏名を明記して、sdjba@sdjba.orgにEメールして下さい。追ってEviteとZoomのリンクをお送りします。なお、ZoomのリンクはEviteにありますので、見落としのないようご確認ください。質問はEメールもしくは760-638-0326までご連絡ください。


    サンディエゴ日系ビジネス協会は、サンディエゴ在住の日本語を話す日本人・日系人のビジネス関係者により構成された団体です。会員の相互交流・情報交換、日系企業の人たちとの交流の促進、相互のビジネスの発展・拡大及び日系社会への貢献を目的に活動しています。ただいま、会員を募集しております。ビジネスに興味のある方、情報交換や交流をしましょう。ズームの定例会にぜひゲストとしてご参加ください。

    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年03月04日(木)
    びびなび ロサンゼルス

    Japan's Pop Culture Takeover Speaker Series: Susan Napier's Miyazakiworld

    Thursday, March 4, 2021
    6:00 - 7:00 PM EST
    Hosted online via Zoom

    (Zoom link is in your registration confirmation e-mail)

    The Japan's Pop Culture Speaker Series is co-sponsored by
    The Consulate-General of Japan in Boston

    We are launching a new speaker series: Japan's Pop Culture Takeover! Join us March 4th to hear anime expert Susan Napier discuss her latest work, Miyazakiworld: A Life in Art, with MIT anthropologist Ian Condry!

    Eight years in the making, Susan's Miyazakiworld sheds light on the indelible link between artist and environment, creator and creation. Susan describes Miyazaki as an "unprecedented animator," and in her words, Miyazakiworld is "an examination of why and how Hayao Miyazaki came to be that animator: of the world he has created and of the worlds that created him."

    Hear Susan Napier divulge the story of filmmaker Hayao Miyazaki's life and work, including his profound impact on Japan and the world.

    Speakers

    Susan Napier
    Goldthwaite Professor of Rhetoric, Tufts University

    Professor Napier has taught at Tufts University since 2006 and is the author of five books on Japanese culture and anime, most recently Miyazakiworld: A Life in Art, focusing on the films of Hayao Miyazaki, co-founder of the famed Studio Ghibli. Professor Napier's research interests include history and theory of animation, Japanese animation (anime) and comics (manga), modern Japanese literature, and popular culture, especially science fiction and fantasy.

    Ian Condry
    Professor of Japanese Culture and Media Studies, Massachusetts Institute of Technology

    Ian Condry is a cultural anthropologist and professor in Comparative Media Studies/Writing with an affiliated appointment in Anthropology. His book, The Soul of Anime: Collaborative Creativity and Japan’s Media Success Story, is part of the Experimental Futures series at Duke University Press. He is also the author of Hip-Hop Japan: Rap and the Paths of Cultural Globalization (2006, Duke University Press), which was translated into Japanese and published as "Nihon no Hip-Hop" (2009, NTT Publications). Overall, he is interested in "globalization from below," that is, how cultural movements spread transnationally without little push from corporations and governments.


    Please note that we often take photographs at events for our records and sometimes for use in public media such as Facebook and blog posts. Registering for an event generally signifies acknowledgment that your likeness may be used in these ways. If you are not comfortable with this, please let us know and we can accommodate you.


    As part of registering, we ask for your email address. Your email address will not be sold or given to third parties without your permission. By registering with your email address, you may receive emails from the Japan Society of Boston, including updates about event details , announcements about other upcoming events, and special offers. Please be in touch with us anytime to change your email preferences.

    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年03月03日(水)
    びびなび 東京

    令和2年度 文化庁 日本語教育人材の研修プログラム普及事業 『生活者としての外国人』との共生社会 多文化共生社会の実現を考える公開セミナー

    一般社団法人ふくしま多言語フォーラム(東北)/インターカルト日本語学校(関東)/Semiosis株式会社(東海)/
    久留米ゼミナール日本語学科(九州)/国際言語文化センター(沖縄) 主催

    令和2年度 文化庁 日本語教育人材の研修プログラム普及事業
    『生活者としての外国人』との共生社会
    多文化共生社会の実現を考える公開セミナー

    令和2年度、私たちは文化庁より「日本語教育人材研修プログラム普及事業」を受託し、今、東北、関東、東海、九州、沖縄の各ブロックで協働し、「生活者としての外国人」に対する日本語教師初任研修を進めています。そして同時に、「日本語教育」から一歩踏み出し、もっと大きな視点で多文化共生社会を考えようと、「生活者としての」様々な立場の外国の方たち、外国人就労者、難民、外国人児童、留学生、日系人のことを知り、考えるためのセミナーを各ブロックが企画しました。
    多文化共生社会とは、「国籍や民族の異なる人々が、互いの違いを認め合い、対等な関係を築こうとしながら生きていける社会」のことです。日本が今まさにその社会に向かっていることは、私たちの誰もが感じていることだと思います。これから多文化共生社会を実現していく一人として、ぜひご参加ください。

    ■セミナー概要

    ●「生活者としての日系人と“Nikkei‟」 〜アイデンティティと生活基盤を求めて〜
    「移民県」沖縄では、海外出身の日系(沖縄県系)人が少なからず生活しています。沖縄県では、ルーツの地に「還流」するそうした人々を同胞ととらえる一方で、海外の沖縄系コミュニティとのネットワーク強化を政策的に行っています。ルーツの地でアイデンティティを模索しつつ生活基盤を確立しようとする生活者としての日系人に焦点を当て、様々な背景を持つ人々の言語文化に関する現状と課題を共有し、多文化共生社会の在り方を考えます。

    【登壇者】
    アルベルト城間氏(ミュージシャン)
    パトリシア新垣氏(ヨガインストラクター)
    金城宏幸氏(国際言語文化センター代表)

    【インタビュー】
    アンドレス比嘉氏(日系三世)
    アンドレス伊佐氏(日系三世)
    比嘉千穂氏(WYUA代表))

    主催:国際言語文化センター附属日本語学校(沖縄)

    日時:2021年3月6日(土)13:40〜15:40
    参加方法:オンライン(Zoom)
    お申し込み:
    https://www.kokuchpro.com/event/af94e88075461bd5cb9fff2e90261cfe/1435814/


    ■実施済みのセミナー

    ①「生活者としての外国人就労者と日本語教育」〜わかりやすい日本語でコミュニケーションを〜
    このセミナーでは、生活者としての就労者について、特に日本語教育の観点から考えていきます。 外国人就労者(技能実習生を含む)は実際にどのような仕事をしているのでしょうか?毎日の生活は?日本語学習は?
    当日は、(公財)国際人材協力機構の元日本語指導アドバイザーの山口千秋さんをゲストにお迎えし、トークセッションを行ないます。技能実習生の日本語教育の最前線にいた山口さんから、彼らにとって本当に必要な日本語とは何かについて語って頂きます。

    【登壇者】
    山口千秋氏(元JITCO)
    中川祐治氏(一般社団法人ふくしま多言語フォーラム)

    主催:一般社団法人ふくしま多言語フォーラム(東北)
    日時:2020年12月13日(日)14:00〜16:30(オンライン配信は16:00までとなります)
    参加方法:オンライン(Zoom)/会場(ホテルハマツ)

    ②「生活者としての難民の皆さんと共に」〜日本語の学習が人生を豊かにする〜
    日本に暮らす難民の方たちについて、私たちは何をどれくらい知っているでしょう。ミャンマーの少数民族を支援するNPO法人PEACEのマリップ・センブ代表、長年にわたり政策面で難民支援をする中川正春衆議院議員のほか、日本語を学ぶ人、教える人、支える人と共にこれからの共生社会について考えます。テーマは「日本語の学習が人生を豊かにする」、日本語教育に携わる人だけでなく、広く日本中の皆さんに参加していただきたいと思っています。

    【登壇者】
    中川正春氏(衆議院議員)
    マリップセンブ氏(NPO法人PEACE代表)
    宗田勝也氏(大学教員)
    寄田恭直氏(難民クラス担当日本語教師)
    難民二世の方

    主催:インターカルト日本語学校(関東)
    日時:2021年1月17日(日)13:00〜15:00
    参加方法:オンライン(Zoom)

    ③「生活者としての外国人児童の人生選択」〜可能性を広げる学習の役割〜
    子どもたちが「自らの選択」に基づいて人生を歩んでいくことは、非常に重要なことです。しかし、外国人児童がこのような人生を歩んでいくのには、さまざまな困難が存在します。このセミナーでは、外国人児童のインタビューをもとに、専門家や現場の人の声も交え、外国人児童に対して適切な「チャレンジの機会」が与えられるために必要なことや、私たちが日本人としてできることが何であるか、ということについてみなさんと考えていく予定です。

    【専門解説員】
    南浦涼介氏(東京学芸大学)
    河村八千子氏(特定非営利活動法人フロンティアとよはし理事長)

    主催:Semiosis株式会社(東海)
    日時:2021年2月7日(日)13:00~15:00
    参加方法:オンライン(Zoom)

    ④「生活者としての日本で学ぶ留学生たち」 〜共生社会を担うグローバル人材〜
    コンビニでよく見かける外国人。彼らのほとんどは、将来日本企業に就職することを夢見る留学生です。留学中に学ぶのは、専門知識や技術だけではありません。様々な出会いや生活の中で、日本人の価値観や生活習慣に触れることで、日本社会に適応していきます。当セミナーでは、その後の彼らがグローバル人材として活躍する姿、そして彼らの目に映った日本を知り、外国人との共生社会の在り方について考えます。

    【特別講演】
    佐藤修氏(公益財団法人 入管協会会長)
    主催:久留米ゼミナール日本語学科(九州)
    日時:2021年2月20日(土)13:40〜15:40
    参加方法:オンライン(Zoom)

    ■お問い合わせ
    インターカルト日本語教員養成研究所 担当:谷口/矢口
    Email:seikatsusha_info@incul.com Tel:03-5816-5019

    • インターカルト日本語教員養成研究所
    • - 東京 -
    • 03-5816-5019
    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年03月03日(水)
    びびなび サンフランシスコ

    SF領事館&日米ケア共催 ― ウェルネスフェア開催

    3月27(土)28(日)9:30-19:00 心の専門家が、コロナ禍における心の健康向上を目指し、子育て、カップル、テレワークなどお役に立ちそうな情報を提供します。(DV情報含)事前にご質問を受け付けております。

    無料オンライン, 事前登録無し
    (Zoomのリンク: https://zoom.us/j/98959950930)

    お問い合わせ先:nichibeicareinfo@gmail.com
    イベントの詳細はこちらのウェッブから: https://jp.nichibeicare.blog/blog/

    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年03月03日(水)
    びびなび ワシントンDC

    2021 Sakura Matsuri - Japanese Street Festival

    Japan-America Society of Washington DC announces postponement of the 2021 Sakura Matsuri - Japanese Street Festival
    Due to the ongoing COVID-19 pandemic, the Japan-America Society of Washington, D.C. has decided to postpone the 2021 Sakura Matsuri - Japanese Street Festival.

    We share in the disappointment this brings to our community, our tens of thousands of attendees, hundreds of dedicated volunteers, superb national and international performers and vendors, and outstanding sponsors and supporters. Thank you for your support and understanding.
    We look forward to welcoming everyone back to Pennsylvania Ave. for the 60th anniversary of the festival on April 9, 2022.

    In the meantime, we will be bringing you COVID-19-friendly, Sakura Matsuri-themed events designed to celebrate the Year in Bloom.

    Visit www.sakuramatsuri.org for updates on these and more Sakura Matsuri events throughout the year.
    The Sakura Matsuri - Virtual Community Gathering is a proud participating event of Washington DC's National Cherry Blossom Festival. Click here for more information about National Cherry Blossom Festival Events.

    https://nationalcherryblossomfestival.org/

    • ご紹介いろいろ / 各種グループ
    • 2021年03月03日(水)
    びびなび サンフランシスコ

    サンフランシスコ・ベイエリア 妊娠産後サポートグループ

    日本語による妊娠・産後サポートグループを毎月1回開催しています。

    参加者のエピソードや質問を元に、ざっくばらんな雰囲気の中での参加者同士の意見交換を行います。基本的に医療アドバイスは行っておりませんので、ご了承ください。

    主催者側からのミニ講座も(約15分)毎月トピックを変えて行います。

    この会は友達を作るのに最適です。参加者は、妊娠中から、産後だいたいお子さんが1歳くらいまでの方で、これまで家族ぐるみで友達になった方も多いです。

    また、海外での妊娠・出産・産後・子育てを乗り切っていくには、家族(特にパートナーの方)の協働とコミュニティのサポートがあってこそ成功します。ぜひパートナーの方もご参加ください。

    楽しい時も、つらくて苦しい時も、お互いに助け合えるコミュニティーを一緒に作っていきましょう。ご参加お待ちしています!

    参加方法など、詳しくはHPをご覧ください。

    • お困りですか?? / 各種グループ
    • 2021年03月01日(月)
    びびなび ニューヨーク

    COVIDワクチンに関する最新情報

    ※ JASSIでは正確な情報をいち早く皆様にお届けするよう努めていますが、COVID-19関連の情報は日々変化しています。ご自身でも最新情報をご確認ください。

    ●COVIDワクチンに関する最新情報

    ワクチン接種サイト検索と予約方法

    ニューヨーク州では、今後は毎週新しいワクチン接種会場が増設される予定です。政府によるワクチンの供給が増加する事で、ニューヨーク州には今後300箇所以上のワクチン接種会場が設置される予定です。
    予約はワクチン接種を行なっている各機関にて受け付けています。情報は順次更新されていますので、最新情報はご自身でご確認下さい。
    *NY市のサイトで予約をされた65歳以上の方は、ワクチン接種会場までの移動手段が必要かどうかを質問されます。審査の後、該当する移動手段の中から予約が可能となっています。詳細はこちらをご覧ください。
    ワクチン接種のサイト探しと予約には、以下のページをご利用ください。

    * ニューヨーク市のワクチン接種サイト検索ページ
    https://vaccinefinder.nyc.gov/
    お電話でのご予約は1-877-829-4692まで。

    * ニューヨーク州のワクチン接種サイト情報と接種資格の確認ページ
    https://am-i-eligible.covid19vaccine.health.ny.gov/
    COVID-19ワクチンホットライン: 1-833-697-4829(週7日、午前7時から午後10時まで)

    * Walgreensで受けられるワクチン接種サイト検索ページ
    先ずWalgreensのアカウントを作り、簡単な質問に答えるだけで、お住まいのZipcodeから最寄りのWalgreensでの予約が取れる様になっています。
    https://www.walgreens.com/findcare/vaccination/covid-19/location-screening

    * The Fort Washington Armory でのワクチン接種
    (大規模なワクチン接種会場です。)
    場所:216 Fort Washington Ave in Washington Heights at West 169th St.
    オンラインでのお申し込みはVaccineTogetherNY.orgへ。
    ワクチンの数は限られていますので、ワクチン接種が可能になり次第、連絡が入ります。
    https://www.myconnectnyc.org/mychart/Signup

    * NYCワクチンリスト
    ボランティアの方々で運営されているNYC内外のワクチン予約情報サイトです。
    政府、医療機関、薬局などの公式ウェブサイトのワクチン予約の空き状況が随時
    アップデートされており、そのまま予約をする事が可能です。
    https://nycvaccinelist.com/

    * TurboVax
    ニューヨーク市内のワクチン接種サイト53箇所(NY市とNY州運営の会場)の予約空き状況が随時アップデートされています。ツイッターで@turbovaxをフォローされると、予約空き状況の情報を即座に受け取る事が出来ます。
    https://www.turbovax.info/

    * ブルックリンのワクチン接種サイト
    今週末、ブルックリンのMill Basin近辺のワクチン接種サイトとなっているクリニックにてワクチン接種の予約を入れることが可能です。現在、対象は65歳以上で,さらに該当するジップコードにお住まいの方に優先されます。
    該当するジップコードの検索は
    こちらから。
    また、予約はこちらのサイトからできます。
    www.apschedule.com/bmbcovidvax
    El Caribe
    5945 Strickland Avenue, Brooklyn, NY 11234 (parking available)
    2月25日(木) - 3月3日(水)

    ●ワクチンの安全性

    認可されたワクチンは、綿密な臨床試験を通じて安全であることが立証されています。安全性立証のために、数万人のボランティアがワクチン接種を受け、その行程は、FDAおよびその他の組織によって厳重に監視されました。
    また、ワクチンは、臨床試験に参加したボランティア全ての性別、年齢、人種、民族グループにわたって安全で効果的であることも立証されています。

    ●ワクチン接種による副作用と対処について

    殆どの人は、ワクチン接種によるいくつかの副作用を報告しています。これは通常、体が免疫を構築している為に発生します。一般的な副作用には、接種を受けた腕の痛みや腫れ、頭痛、体の痛み、倦怠感、発熱などがあります。1回目のワクチン接種の後に副作用がある場合でも、医療提供者からの指示がない限りは、必ず2番目のワクチン接種も受けて下さい。
    副作用:

    ・通常、軽度から中等度です。
    ・通常、ワクチン接種後の最初の3日以内(ワクチン接種の翌日が最も一般的です)に開始し、開始後約1〜2日間続きます。
    ・副作用は、2回目の接種後により多く発生しています。
    ・高齢者にはあまり発生が多く見られません。

    注射部位の痛みや腫れを軽減するには、冷湿布をその部分に宛て、腕を軽く動かします。懸念される副作用がある場合、または数日経っても副作用が消えない場合、または接種を受けた場所の赤みや痛みが24時間後に増加した場合は、医療提供者に連絡してください。
    痛みや不快感を和らげるための、アセトアミノフェン(タイレノール)やイブプロフェン(アドビル)などの市販薬の服用については医療提供者にお尋ね下さい。

    ●ワクチン接種後

    より多くの人々がワクチン接種を受け、そしてCOVID-19の蔓延に対するワクチン接種がもたらす効果および影響が完全に解明されるには更に時間がかかると予測されます。ですので、私たちは引き続き注意して日常生活を送る必要があります。そのため、予防接種を受けた後でもコロナ感染予防措置を講じる必要があります。

    病気の場合、または最近COVID-19陽性の検査を受けた場合は、家にいてください。
    他の人から少なくとも6フィート (約1.8メートル) 離れてください。
    フェイスカバーを着用してください。
    頻繁に手を洗ってください。

    新型コロナ感染症についてニューヨーク市民が知っておくべきこと
    こちらをご覧ください (4 ページあります)
    https://www.canva.com/design/DAEWgu9stc8/BeJqaC-LM1fylWJO4cehoA/view?utm_content=DAEWgu9stc8&utm_campaign=designshare&utm_medium=link&utm_source=homepage_design_menu

    日本語版作成: 日米ソーシャルサービス(JASSI) 2021年2月
    新型コロナウィルスのワクチンを打った後に知っておきたいこと
    こちらをご覧ください (5 ページあります)
    https://www.canva.com/design/DAEWg-Ekn_A/ypNiH2P2-BnlcRB3oydSEQ/view?utm_content=DAEWgEkn_A&utm_campaign=designshare&utm_medium=link&utm_source=homepage_design_menu

    日本語版作成: 日米ソーシャルサービス(JASSI) 2021年2月

    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年02月26日(金)
    びびなび ヒューストン

    RESILIENCE & RUGBY: AN EVENING WITH JAPANESE RUGBY LEGEND KENSUKE HATAKEYAMA

    JASHはボストン日米協会と共催で、3月6日(日)午後6時(CT)より、元ラグビー日本代表畠山健介選手を迎えてWenibarを開催します。

    MLR唯一の日本人選手として、New England Free Jacksに所属する畠山選手は、3月27日(土)午後7時(CT)からAVEVAスタジアムで行われるHouston SaberCatsとの試合のためヒューストンを訪れます。

    畠山選手は、宮城県気仙沼市出身で、小学生からラグビーを始め、仙台育英学園時代時代は3年連続全国大会出場、早稲田大学時代は3度の学生王者に貢献。卒業後はサントリーサンゴリアスに11シーズン所属。2020年よりMLRでプレーされています。

    ラグビー日本代表として78試合に出場。2011年、東日本大震災でご実家が被災しながらも、ニュージーランドでのラグビーワールドカップに出場。その後4年間の厳しい練習を経て、2015年イギリスでのラグビーワールドカップでの強豪南アフリカ戦に出場し、歴史的な逆転勝に貢献しました。

    “Resilience & Rugby”と題する今回のWebinarでは、畠山選手のこれまでのラグビーキャリアやご経験をお話しいただき、この時代に必要な力の一つであるResilienceについて学びたい思います。司会は、テキサス州工科大学スポーツマネジメント学部助教授の浅田彰氏です。

    ヒューストンを初めて訪れる畠山選手を、試合に先駆けて一緒に温かく歓迎しましょう。

    このイベントは参加費無料です。参加お申し込みは下記の“REGISTER”ボタンをクリックしてください。

    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年02月24日(水)
    びびなび サンディエゴ

    オンラインセミナー「今だからこそ知りたい!日本の介護・不動産情報」2021年2月25日(木)6:00pm-7:30pm(PT)

    日時: 2021年2月25日(木)6:00pm-7:30pm(PT)
    参加費: 今回のみ無料(通常10ドル)

    講師
    野口義高氏(野村不動産パートナーズ株式会社執行役員)
    横畠文美氏(一般社団法人Hearth代表理事・国際介護アナリスト)

    お申し込み
    info@azunaservicecenter.org宛に
    メール件名を「2月25日参加希望」として
    お名前、お電話番号を明記していただきますようお願い致します。

    お申し込み頂いた方には、オンラインセミナーのリンクを返信させていただきます。

    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年02月23日(火)
    びびなび ダラス

    東日本大震災から10年。3/11 Resilience series

    東日本大震災から10年。ダラス・フォートワース日米協会では3/11 Resilience seriesとし、2月18日から3月16日の間に3つのイベントを開催します。

    ●シリーズ第1弾:映画『風の電話』の無料上映会
    今は亡き大切な人と思いを繋ぐ電話として、岩手県大槌町に実在する「風の電話」をモチーフに2020年に日本で公開された映画です。日米協会のウェブサイトから2月28日(日)まで無料登録・視聴可能です→ https://jasdfw.org/event/voice_in_the_wind/(今回の上映会はアメリカ国内にお住まいの方のみご参加いただけます。)

    ●シリーズ第2弾:語り部・佐藤誠悦氏による講演会『語り部の指名〜震災の記憶を風化させないために〜』
    2月24日(水)午後7時から8時(CST)

    東日本大震災時気仙沼消防署指揮隊長として気仙沼津波火災、救助、人命検索に従事された佐藤誠悦氏による講演会です。佐藤氏は震災で奥様を亡くされ、現在は語り部として日本全国で「命を守る」というテーマで、人間の命の大切さを伝えています。
    無料登録または詳細はこちらから→https://jasdfw.org/event/a_mission_of_kataribe/ 

    ●シリーズ第3弾:A Resurgent Region – Tohoku’s Recovery Since 2011
    3月16日(火)午後7時から8時(CDT)
    東日本大震災で被害が大きかった福島県・岩手県・宮城県よりパネリストを招き、この10年を振り返ります。これまでの復興活動・各地域または人々がどの様に対応し未来に向けて前進するのか、そして私たちがどの様に関わっていけるのかを話し合います。
    無料登録または詳細はこちらから→https://jasdfw.org/event/a_resurgent_region/

    • ご紹介いろいろ / 各種グループ
    • 2021年02月22日(月)
    びびなび バンクーバー

    MOM出産準備クラス参加者募集 2021年3月コース(出産予定2021年6月後半~2021年8月の方対象)

    MOM出産準備クラス参加者募集 2021年3月コース(出産予定2021年6月後半~2021年8月の方対象)
    2021年5月コース(出産予定2021年7月後半~2021年9月の方対象)

    MOMの出産準備教室は、日本語で妊娠、出産、育児の基礎知識を学ぶ集まりです。また、国際結婚家庭のご主人やご家族にも十分に理解して協力していただくために、英語の同時通訳者も用意していますから、日本語がわからない方も安心してご参加ください。

    現在、BC州はCOVID-19に感染拡大防止の為、厳しい規制下にあります。そのためしばらくはオンライン授業となりますのでご了承ください。規制緩和されましたら、対面も検討いたしますが、現時点では未定です。 この集まりに参加することにより、同じ環境、立場にある新しい友達を見つけていただくことも皆さんの不安を解消する一助となるでしょう。 出産準備教室は全4講義で構成。参加者は出産後の日本人看護婦による産後訪問指導と母乳マッサージを割引料金で受けることもできます。産後すぐに看護婦が訪問しての指導は、実際の赤ちゃんを通して、お風呂の入れ方、日常の世話、授乳の方法、母乳分泌のチェック、授乳量の測定、母乳育児の成功への指導、母体のチェック、赤ちゃんのチェックなどあらゆる不安を解消をします。 出産準備教室には参加していない方でも産後訪問指導だけを別途受けることも可能です。(別途お問い合わせください)

    3月コースオンライン講義 第1回 3月25日木曜日7時からオンライン講義で行います。30分前にオンライン講義のURLをメールにて送りますので、そちらをクリックして、ZOOM待機室にお入りください。7時5分前になりましたら、 一斉に入室していただきます。PC、携帯、タブレットなど、インターネット環境があれば、どこからでも入れます。 以降時間は同じです。 第2回 4月15日 木曜日 オンライン 第3回4月29日 木曜日 オンライン、または対面(現時点で未定) 第4回 5月13日 木曜日 オンライン、または対面(現時点で未定)

    5月コースの日程は4月に決定いたします。 対面講義が可能な場合はまた事前にお知らせします。変更通知がない限りはオンラインとなります。 3月コースの方には、2021年3月上旬に郵送でテキストとDVDを先にお送りいたします。

    参加費用 全4回講義+テキスト 1年間の24時間無料相談付き参加費用 $200 (産後訪問指導を同時にお申込み予約される場合、産後申し込み割引より更に$5引きの$280となります)

    このクラスの参加者のみ、産後訪問指導(産後、直接ご自宅にお伺いし、沐浴指導、母子健診、授乳指導、母乳マッサージ、質疑応答などの約3時間の​サービス)を初回85ドル (産後お申し込み、通常の30% off)で利用可能です。2回目以降の産後指導や、母乳マッサージ等は規定料金の15%割引で1年間利用できます。

    このクラス参加者は産前及び産後1年間の24時間緊急相談対応、及び産後1年間、MOMのサービスやイベント参加費が割引になります。
    また、産後すぐの訪問による産後のトータル指導(母子健診、沐浴指導、質疑応答、授乳指導、母乳マッサージなどの約3時間の指導)が初回のみ85ドルで受けられるほか、2回目以降の利用は規定料金の15%割引で1年間利用できます。
    クラスは2ヶ月ごとに新コースがスタートします。日程は別途お尋ねください。
    マンツーマン講義も設定できます。

    上記の時間では出産に間に合わない方、アレンジも可能ですので、MOMにご相談ください。 MOM Family support

    お申し込み、お問い合わせは E-mail momwestcanada@hotmail.com


    よろしくおねがいします。

    Michelle Yuki Leon
    MOM Family Support
    http://www.canadamombaby.com/
    https://twitter.com/MOM1best
    momwestcanada@hotmail.com
    https://www.facebook.com/profile.php?id=100004333516384

    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年02月22日(月)
    びびなび ラスベガス

    第10回TOGETHER FOR 3.11追悼式典(オンライン) 3月6日(日)8:00PM~(EST)

    <申込方法> Eventbriteから登録(お名前とメールアドレスのみ/無料)
    https://togetherfor311onlineevent.eventbrite.com

    ・事前に視聴用のYoutubeのリンク先情報について、リマインダーが届けられるため。
    ・万一、当日、接続の不具合で急な変更が生じた場合、参加登録いただいた皆様に迅速に連絡を取るため。

    なお、最新情報は、Facebookで随時アップデートしていきますので、ぜひ、こちらもフォローして下さい。
    <Facebook> https://www.facebook.com/TOGETHERFOR311

    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年02月18日(木)
    びびなび ロサンゼルス

    実践的テイクアウト・デリバリー対策オンラインセミナー ~レストランが今すぐにできる対策~

    日時:
    2021年2月25日(木)15:00~16:15(米国西部時間)
    主催:ジェトロサンフランシスコ/ロサンゼルス
    講師:フードビジネス・HRコンサルタント 野口桂子氏

    内容:
    ジェトロ・サンフランシスコ/ロサンゼルスでは、北加日本商工会議所のご協力のもと、レストラン関係者様などを対象にしたオンラインセミナーを開催いたします。新型コロナの感染状況に左右されずにできる、テイクアウトやデリバリーなどに関する実践的な工夫や事例などを専門家より詳しくお話しをさせていただきます。皆様のご参加をお待ちしております。

    講演言語:日本語
    参加費:無料
    申込方法:
    https://register.gotowebinar.com/register/743373627419110159

    定員:1000名(先着順。定員になり次第、締め切らせていただきます)
    ※当日視聴できない場合でも、後日アーカイブ動画をご覧いただけます。
    ※申込ページには講師への事前質問を記載できる欄を設けています。
    申込の際に選択いただく「都道府県」につき、設計上、選択肢は米国の州のみとなっておりますこと、
    予めお詫びいたします。また、「組織名」は企業名の記載をお願いいたします。

    詳細:
    フライヤーをご覧下さい。
    https://www5.jetro.go.jp/newsletter/losangeles/2020/0225OnlineSeminar_restaurant_SFLA.pdf

    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年02月17日(水)
    びびなび サンフランシスコ

    「アメリカ人と効果的に働く方法」 4月20日 東海岸時間

    コロナ禍の結果、自宅待機や今までとは違ったスケジュールで動かなければならない人も多いと思いますが、この時間を学びのために使いたいという顧客の声を受け、この度はオンラインセミナーを開講することになりました。これは、当社で人気の高い「アメリカ人と効果的に働く方法」の初のオンライン開催になります。

    このセミナーの目的は、日本人参加者様が一緒に働いているアメリカ人の行動への理解を深め、コミュニケーションを改善するためのスキルを磨くことです。コンテンツのアウトラインは下記の通りです。

    インターアクティブな方法を駆使し、従来の対面型セッションと同じような活発さを体験できます。先日当社のオンラインセミナーに参加された方から「あまり自分から質問しない日本人にとってはチャット形式のほうが意思表示しやすいかもしれないですね。」というご指摘があったように、オンラインセミナーでは質問しやすいという方も多いため、学びをより一層深めることができます。

    このセッションの講師は当社のベテラン社員であるHiroshi Iwasaki。今回は彼がこのセッションを流暢な日本語で行います。



    従来型のセッションと同じ内容をカバーする一日セミナーです。

    是非、この機会にアメリカ人同僚への理解を深めてみませんか。

    コンテンツ:

    異文化コミュニケーションの定義
    ・文化の傾向対ステレオタイプ
    ・何故誤解が生じるか
    ・異文化間の落とし穴の避け方

    ケース・スタディー:アメリカ人とコミュニケーションする
    ・言葉の壁
    ・コミュニケーション・スタイル
    ・アメリカ人との意思疎通のやり方を理解する
    ・「直接」でありながら、十分「ナイス」にする
    ・言い回しのヒント
    ・アメリカで避けるべき会話のトピック
    ・良い会話のトピック

    ケース・スタディー:リーダシップ・スタイルと言葉による指導
    ・「アメリカンフットボールのコーチ」型対日本の「空手の先生」型
    ・ 米国に於けるリーダーシップ
    ・アメリカ人が求めるリーダーの素質
    ・日本とアメリカにおける言葉による指導
    ・指導のやり方
    ・技術移転の仕方
    ・フィードバックの仕方

    特定の異文化課題
    ・企画と行動のパターン(リスク感覚と意思決定)
    ・結果重視vs.過程重視
    ・ことなる労働市場や人事慣行

    アメリカのスタイルと日本のスタイルの共存共栄
    ・米国進出日系企業が頻繁に直面する問題
    ・気をつけるべきところ
    ・雇用摩擦の病状
    ・雇用摩擦の潜在的悪影響

    効果的なコミュニケーションのための重要なスキル
    ・言葉の壁を越える方法
    ・通訳を利用する場合
    ・異文化コミュニケ−ションの5つの "C":明確さ、一貫性、背景情報、確認、もめごとの回避
    ・アメリカ人の参画を計る(情報の共有)
    ・好ましくない行動の例
    ・グループとしての社交活動
    ・コミュニケーションの機会を増やす
    ・オープンで、話しやすくする

    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年02月09日(火)
    びびなび ロサンゼルス

    The New Age of Elder Care: Advances in Technology and Mental Health in an Aging Society

    An increase in life expectancy and a decrease in birth rates are leading populations around the world towards an aging society. According to the Urban Institute, there are over 54 million Americans today that are age 65 and older. By 2040, this number will increase to 80 million. In this webinar, we explore how to live a long and healthy life by focusing on the latest AI technology and psychosocial care methods that can physically and mentally empower the older adult population. On the technology side, we hear from two experts from Japan, a nation with the highest proportion of aging citizens of any country in the world: Dr. Yoshiyuki Sankai the developer of the world’s first wearable cyborg HAL and Dr. Takanori Shibata, the inventor of PARO, the therapeutic seal robot. On the mental health side, psychotherapist and Geriatric Medical Social Worker Mrs. Shiori Lange, LCSW will discuss how psychosocial approaches can help older adults and their loved ones. UCLA Associate Professor Lené Levy-Storms Ph.D. will be moderating the panel of three speakers.

    • 各種イベント / 各種グループ
    • 2021年02月09日(火)
    びびなび ロサンゼルス

    2月20日(土)オンライン勉強会「女性ホルモンの役割と更年期障害」

    乳がん、卵巣がん、子宮がん患者さん支援団体のJapanese SHARE (SHARE 日本語プログラム) では
    勉強会「女性ホルモンの役割と更年期障害」を開催いたします。
    今回の勉強会は、講師に京都大学医学部、産婦人科の池田裕美枝先生をお招きして、
    女性ホルモンの役割についてや、それが欠乏した場合の身体の変化や問題、更年期障害時期や期間、その付き合い方などを、わかりやすくご説明いただきます。
    会の後半には、参加者のみなさまからのご質問にお答えいただく、質疑応答の時間も設けております。
    一般の方にもご参加いただけますので、みなさまぜひご参加ください。

    【講師】池田裕美枝(いけだゆみえ)
    京都大学医学部 産婦人科 医師
    専門・認定医:日本産科婦人科学会専門医、日本女性医学学会女性ヘルスケア専門医、日本内科学会認定医、日本プライマリケア連合学会認定医、認定産業医
    専門分野:女性ヘルスケア、産婦人科一般、内科一般

    【進行】小杉祐子 乳がんサバイバー/SHARE日本語プログラム ファシリテーター、長距離ランナー

    【日時】 2月20日(土)
    17:00~18:30 (PST)
    18:00~19:30 (MST)
    19:00~20:30 (CST)
    20:00~21:30 (EST)
    (日本時間 2月21日(日)10:00~11:30)

    【会場】Zoom ミーティングルーム

    【参加費】無料

    【参加方法】
    参加ご希望の方は下記ウェブサイト内のお申し込みフォームよりご登録ください。(フォーム受領の返信はいたしません)
    https://sharejp.org/schedule/2021/2/20

    ZOOMのミーティングURLは勉強会の前日、19日(金)にE-mailでお知らせいたします。

    *定員(300名)になり次第締め切らせていただきます

    --
    Facebook: @sharejp.org
    Twitter: @SHARE_Japanese
    Instagram: @japanese_share

  • 1/1
  • 1