Education Advisor
Noriko Hoshi America Kango TEL: 213-595-7139
info@americakango.com

最新コラム

第110回 : update
相談急増中!「キャリアチェンジ」でアメリカ看護師を目指したい人のためのアドバイス

バックナンバー

第1回 : 
天使のお仕事 -バスケ生活の最後となったあの日。-
第2回 : 
資格取得から就職までの流れ(Q&A)
第3回 : 
生徒さんの例1
第4回 : 
生徒さんの例2
第5回 : 
生徒さんの例3
第6回 : 
アメリカの看護師資格と日本の看護師資格
第7回 : 
NCLEXとは?
第8回 : 
看護留学 これだけは知っておきたい
第9回 : 
いざ、渡米! ロサンゼルスでの通学環境
第10回 : 
病院での実習について
第11回 : 
アドバイザーから皆様へ
第12回 : 
アメリカにおける看護師の就職活動
第13回 : 
アメリカ看護留学の正しい情報を伝えたい ~HOSHI World Inc.起業のきっかけ~
第14回 : 
夢の実現に向けたサポート開始。 日本で初の個人カウンセリングを実施します!
第15回 : 
日本滞在レポート第1弾 - 東京で初の個人カウンセリングを実施! -
第16回 : 
日本滞在レポート第2弾 - 留学斡旋会社とのミーティング -
第17回 : 
看護留学に関するQ&A - 日本在住者からのご質問 -
第18回 : 
看護留学に関するQ&A - アメリカ在住者からのご質問 -
第19回 : 
アメリカにおける看護学校選びのポイント
第20回 : 
~体験談Vol.1~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第21回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2弾開催~
第22回 : 
日本滞在レポート ~日本の看護留学関連会社や学校との提携を実現!~
第23回 : 
~体験談Vol.2~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第24回 : 
出会いと別れ。人が死に直面するとき。
第25回 : 
~体験談Vol.3~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第26回 : 
米国看護師試験 『NCLEX (エヌクレックス) 』 とは?
第27回 : 
アメリカ看護留学までの流れ
第28回 : 
~体験談Vol.4~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第29回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第3弾開催~
第30回 : 
~体験談Vol.5~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第31回 : 
現地での看護実習について
第32回 : 
教えてQ&A ~アメリカ医療現場から~
第33回 : 
~体験談Vol.6~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第34回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと①
第35回 : 
アメリカ看護留学前に、準備しておきたいこと②
第36回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ①
第37回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ②
第38回 : 
ER体験!アメリカで入院するということ③
第39回 : 
体験談 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい! 【番外編】スペシャルインタビュー
第40回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第4 弾開催~
第41回 : 
依頼?依存?看護留学サービスに何を求めるか
第42回 : 
America Kangoに寄せられるご相談
第43回 : 
~体験談Vol.7~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第44回 : 
~体験談Vol.8~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第45回 : 
アメリカの看護教育
第46回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで専門職に就くための心得」
第47回 : 
スペシャルコラム: クライアント便り① ~看護留学を終えて~
第48回 : 
~私のつぶやき~ 「看護留学の財産」
第49回 : 
【スペシャルコラム】クライアント便り② ~看護留学を終えて~
第50回 : 
~体験談Vol.9~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第51回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第5弾開催~
第52回 : 
~体験談Vol.10~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第53回 : 
NCLEX書類審査とRN取得後の現状
第54回 : 
LAで働く看護師 Vol.1 ~念願のRNに!現地で就職しました!~
第55回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!前編~
第56回 : 
LAで働く看護師 Vol.2 ~念願のRNに!現地で就職しました!後編~
第57回 : 
アメリカにおける看護師の地位 ~気になる業務内容や年収は?~
第58回 : 
現場で“使える看護師”になりたい!~医療英語受講に関して~
第59回 : 
日本セミナー開催迫る!「アメリカ看護師になって現地で就職するには!!」
第60回 : 
アメリカで看護師になって現地で就職するには!
第61回 : 
~体験談Vol.11~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第62回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第1弾
第63回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第2弾「セミナー参加者の感想①」
第64回 : 
2017夏:日本セミナーレポート第3弾「セミナー参加者の感想②」
第65回 : 
~体験談Vol.12~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第66回 : 
今年を振り返って。 2018年の看護師事情
第67回 : 
LAで働く看護師 Vol.3 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第68回 : 
LAで働く看護師 Vol.4 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第69回 : 
LAで働く看護師 Vol.5 ~念願の看護師に!現地で就職しました!~
第70回 : 
~私のつぶやき~ 「アメリカで成功する看護師とは」
第71回 : 
アメリカで拡大するRN需要
第72回 : 
「私たち看護留学します! ~日本からの挑戦~」Vol.1
第73回 : 
2018夏:日本セミナーレポート第1弾
第74回 : 
日本滞在レポート ~アメリカ看護留学セミナー/個人カウンセリング第2 弾開催~
第75回 : 
アメリカ看護師事情Q&A ~気になる年収や就職先は?~
第76回 : 
~体験談Vol.13~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第77回 : 
アメリカ看護師Q&A「マグネットホスピタルって何?」
第78回 : 
夢を追う"アメリカ看護仲間"第1回お食事会開催!
第79回 : 
"アメリカ看護仲間" 第1回お話し会 in Japan 開催!
第80回 : 
~体験談Vol.14~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第81回 : 
NCLEX勉強法
第82回 : 
~体験談Vol.15~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第83回 : 
アメリカ看護師は生涯勉強!RN免許更新について
第84回 : 
~体験談Vol.16~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第85回 : 
2019夏 日本滞在レポート
第86回 : 
日本滞在レポート 第2弾
第87回 : 
アメリカ看護留学最新事情
第88回 : 
~体験談Vol.17~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第89回 : 
医療従事者の気になる年収!「2019年度ベスト・ヘルスケア・ジョブ」
第90回 : 
~体験談Vol.18~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第91回 : 
“アメリカで看護師として働く夢”を確実に実現するためには
第92回 : 
アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
第93回 : 
~体験談Vol.19~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第94回 : 
~私のつぶやき~ 「看護師資格を取っても、永住権が取れず帰国する人が増えています!」
第95回 : 
チャンス到来!どうなる?2020年アメリカ看護留学事情
第96回 : 
新型コロナウイルス禍における情報トラブル
第97回 : 
コロナ感染者爆増!アメリカの医療業界最新事情
第98回 : 
~体験談Vol.20~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第99回 : 
2020:日本「Zoom」セミナー レポート第1弾
第100回 : 
2020:日本「Zoom」レポート第2弾
第101回 : 
アメリカで働きたい!~永住権獲得を視野に入れた留学準備~
第102回 : 
~永住権を取得するまで~ アメリカで働く日本人看護師シリーズ①
第103回 : 
2021年。コロナ禍のアメリカ医療、そして看護留学はどうなる?
第104回 : 
~永住権を取得するまで~ アメリカで働く日本人看護師シリーズ②
第105回 : 
気になるコロナ禍でのアメリカ看護留学・医療業界最新事情
第106回 : 
コロナ禍での遠距離介護① 日本に緊急帰国しました!
第107回 : 
コロナ禍での遠距離介護② LAで待望のワクチン接種!
第108回 : 
~永住権を取得するまで~ アメリカで働く日本人看護師シリーズ③
第109回 : 
~体験談Vol.21~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!
第110回 : 
相談急増中!「キャリアチェンジ」でアメリカ看護師を目指したい人のためのアドバイス

チャレンジ!看護留学&就職 ~アメリカで看護師になるには~

天使の街、ここLos Angelesより看護師資格取得に関する情報提供をします。夢を持ってやりがいのあるお仕事に就きたいと願うあなたにとって役立つ情報となるよう私も負けない情熱を持ってコラムの執筆に挑戦します。

2021年 7月 1日更新

第109回 : ~体験談Vol.21~ 看護学校に進学!永住権取得!アメリカで看護師になりたい!

ここロサンゼルスには、看護師を目指す日本人学生がたくさんいます。このコラムでは、そんな彼らの体験談を定期的にご紹介しています。はじめてのアメリカ生活にとまどいながらも、勉強に励み、精一杯夢に向かっていく姿は、現在看護師になるために頑張っている方、または将来看護師になりたいと思っている方にもきっと参考になるはずです。

第21回は、OPTを終え、現在日本に一時帰国しているMさんです。

看護師を目指して - LAで頑張る看護師の卵たちの体験談
M.Fさん

2018年渡米。アメリカ看護主催「Medical Terminology」の授業を受講後、看護大学に入学、15カ月間の学びを経て、2020年に卒業。1年間のOPT期間を終え、現在一時帰国中。

一時帰国で見た日本

私は、アメリカ看護さんのサポートを通じて、アメリカの看護大学に編入し、昨年の春に卒業しました。振り返ると、学びの多いアメリカ生活でした。今は日本に一時帰国していますが、再渡米をとても楽しみにしています。私の学びの一部を、この体験談の中でご紹介できればと思っています。  私が日本に帰国したのは、アメリカでちょうど「コロナ変異株」が発生し始めた頃でした。アメリカにいたときも、常日頃から感染対策には神経を使っていましたし、日本はアメリカ以上に新型コロナウイルス対策が厳重なのだろうと思っていました。なぜなら、日本人は“集団主義”や“同調圧力”など、周囲の状況に自身の振る舞いを合わせる傾向と、他者の迷惑にならないようにしようと考える国民性を持っているからです。そして、それこそが日本で新型コロナウイルスが爆発的に感染拡大しない理由だと世界で評価されていました。マスク装着は皆がしていて当然だと思っていたのです。

しかし、実際に私が帰国後に見た光景は、期待とは異なるものでした。マスクの義務化がないだけに、マスク装着を“忘れている人”が目立つ上、スーパー内で至近距離でのお喋り、そして感染とは直接関係がありませんが、歩きたばこをしている人も少なくありませんでした。テレビのニュースでは、新型コロナウイルス対策における蔓延防止措置や規制強化に対する市民へのインタビューに対し、市民からの返答内容は、「いつ規制解除するのか」という不満の声ばかり。私はいったい誰のための規制強化であるのかと疑問を抱くと同時に、当事者意識の欠如を感じました。当事者が主張し行動を起こすアメリカとの違いを感じた瞬間でした。これが日本帰国後の一つ目の学びとなりました。

看護留学で何を手に入れたいか

さて、このコラムを読んでいただいているということは、アメリカへの看護留学を、今後のキャリアアップの一環として計画しようと考えている方もいらっしゃると思います。しかし、情報収集はできているでしょうか。看護留学は、一般的な留学に比べ特殊分野であり、収集できる情報は多くないのではないかと思います。また、皆さんがアメリカ看護留学を通じて、最終的に手に入れたいものは何でしょうか。それをはっきりさせるためにも、試しに星さんとのカウンセリングでお話しをしても良いと思います。自分の目標や計画がクリアになるかもしれません。

私の場合、星さんとの初めてのカウンセリングを今でもよく覚えていますが、正直に言うと、当時は“ダメ元”でした。どうせ、どこのエージェントも期待できない、カウンセリングに行くだけの無駄足になるだろうと思っていたのです。しかし、留学を終え私が手にしたのは、誰にも奪われない学歴と経験です。これはあくまで私個人の感想ですが、留学を通して多くのことを学びました。そしてこの学びの機会を与えてくれたアメリカ看護さんにはとても感謝しています。

最終的に、誰にそしてどんなサポートを受けて留学を計画するかは個人の自由です。自分で自分をサポートする人もいるかもしれません。ただ、自分の目で確認して、情報の取捨選択を判断した方がよいと思います。それは全て自分にとってよりベストな環境を用意してあげるための行動です。異国の地では、非常に大事な考え方の一つだと思っています。

NCLEXについて

もし留学を決断したら、渡米後は学校に通うことになります。けれど、もしできることなら、渡米前にNCLXテストに合格しておくことがベストだと思います。渡米後は、英語力に自信がない場合、学校の課題(テスト、プレゼンテーション、グループワーク)と、NCLEXのテスト勉強の両立は簡単ではありません。幸い、NCLEXは日本(大阪・東京)でも受験できるので、知っている土地で受験した方が、アメリカで受験するよりも精神的には多少有利かと思います。

また、NCLEXの内容は変わることがあります。例えば、NCLEX-RNは、アメリカで新型コロナウイルス発生以降、問題形式が変わっています。NCSBNのウェブサイトでも確認できますが、問題数や回答時間共に短縮されています。元々の問題数は、最小75問、最大265問の、最大6時間までのテストですが、ここ最近のものでは、最小問題数は変わらないものの、最大145問、最大5時間までのテストになっています(難易度は変わらないようです)。

私も含め周りの友達も使ってた教材は、SAUNDERSのテキストと「UWorld」というオンライン教材ですが、アメリカ人の看護学生達も使っている人が多いようです。ただ、アメリカ人の場合は、看護大学卒業後すぐに「UWorld」を購入し、1日に100~300問をこなして2週間後に合格できますが、英語を母国語としない外国人生徒は、平均して1年の勉強時間を要するようですので、早めの対策をお勧めします。

私の体験が皆さんのご参考になればうれしいです。

星宣子から

Mさんと初めてお会いしたのは、今から5年前の「2016年アメリカ看護留学セミナー」の大阪会場でした。セミナー後の個別面談での時間をオーバーしてしまい、外は真っ暗になってしまいました。なぜか初対面だったのに、私の渡米したきっかけまでついお話してしまったことを思い出します。

Mさんは、渡米に向けて、仕事を夜勤に変えたり、英会話オンラインクラスを受講したりと忙しい日々を過ごした1年半だったと思います。3カ月ごとのアポは私もとても楽しみで、いろいろな方向から自分自身を見つめ行動している凄い人だなと、お話を聞くたびに学んできました。渡米後に体調を崩したときは本帰国を考えたこともありましたね。でも看護大学も無事卒業し、そして1年間のOPTも終了。現在、無事一帰国をして、今後の再渡米に向けて計画中です。

アメリカ看護留学で得た数々の経験を簡単に語ることはできないと思います。Mさんが通った看護大学のクラスメートも、皆それぞれで、留学を途中で断念し本帰国した人や、永住権スポンサーをしてもらうため他州へ引っ越した人、音信不通になった人、そして行方不明になった人もおり、この時は私も学校側から相談を受けました。そんな状況下で、自分の目標を達成したMさんは、素晴らしいと思います。再渡米に向け、焦ることなくじっくり計画を練っていきましょう!

こちらこそ、よろしくお願い致します。

2021年 7月 1日更新

アメリカで看護師として働きたいなら、英語力+コミュニケーション力!
「医療英会話オンラインクラス」開催
詳細・お問い合わせはこちらをご覧ください。
アメリカ看護資格取得 ~看護留学を成功させるには!~
アメリカで看護師を目指すなら!信頼できる留学コンサル・留学カウンセラーに相談しよう!

全米教育査定認可とは、留学生にI-20を発行する看護学校・語学学校・専門学校・短大・大学全教育機関が、適正に教育プログラムを提供しているかどうかを査定するAccreditationsのことです。政府公認の一つである「ACCET=アセット」でも各学校の査定結果を公表しています。これによると、看護留学生が多いニューヨーク州やワシントン州、カリフォルニア州では、警告や処分、保留中である学校が多いことが分かります。留学生であれば、この認可が審査却下されるとI-20発行校ではなくなり、学生としての滞在資格を失います。

突然のアメリカの看護学校閉鎖により転校を余儀なくされ、また授業料返還も一切なく滞在資格を失う危険性が伴います。

これからアメリカへ看護留学を考えている方、既に看護学校在学中の方、知り合いから学校紹介された方も、信頼できる看護留学コンサルを受けてから学校選択することをお勧めします。

アメリカ看護留学が提案する「アメリカ看護トータルサポート」
  • 日本の看護師資格をアメリカで生かせる?
  • あなたの留学は看護留学?それとも医療留学?
  • キャリアチェンジ看護留学を実現できる?
  • 看護師として永住権取得ができる?
  • アメリカで合法的に働く資格取得ができる?

「アメリカ看護トータルサポート」についてこちらから

アメリカ看護留学のことなら何でもご相談ください。
初回無料カウンセリングは随時受け付け中です。 (ホームページ

Columnist's Profile

Education AdvisorNoriko Hoshi(America Kango)

栃木県、宇都宮市出身。バスケットボールで名門校主将として全国高等学校総合大会(インターハイ)出場。特別待遇生として体育学部体育学科を卒業。全日本大学バスケ(インカレ)バスケットボール選手として引退後、栃木県公立教職員として約10年小学校勤務。その後、ニューヨーク育英学園 (ニュージャージー州) では、日本人学校に通う子ども達、アメリカ現地校に通う子ども達の担任として8年間勤務。その際、アフタープログラムやスキー、サマーキャンプ等の数々のプログラムに参加する子ども達の普段の学校生活では見ることの出来ない成長ぶりを実感する。40歳にして、子どもを授かりたいと願い韓国へ不妊治療へ。1ヶ月後、妊娠が判明し2009年にロサンゼルスへ引越し。

出産後、日本語学園協同システムに勤務、アメリカの特別老後施設で働く看護師に出会い、看護師専門学校で Designated School Officer(留学生の入学許可証I-20に正式署名できる職員)、カウンセラーとして2年間従事した後、Education Adviserとして現職に就いている。現在も「教育の現場」を忘れぬよう日本語教員としても活躍しながら、現場で経験した喜怒哀楽と持ち前の体育会系のポジティブさを活かし、各国から渡米してくる留学生達へ的確なアドバイスと正確な情報提供を心掛けている。

America Kango

3700 Wilshire Blvd. #205, Los Angeles, CA 90010
TEL:
213-595-7139
FAX:
213-383-5110
EMAIL:
info@americakango.com

バックナンバー

BACK ISSUES